証券.監査担当者の本音-07-

株式上場.審査基準

証券会社・監査法人担当者の本音

【こんな会社が望ましい・こんな会社が嫌われる】

- Navi - 各担当者から見て、「こんな会社が望ましいな」「こんな会社は嫌われる」というような会社は、どのような会社ですか?

- A氏 - ぶっちゃけ、業者ですからね、何を求めているかといえば手数料がどのくらい得られるか、いつ得られるかということになりますから。「嫌われる」ということはないですが、大きな夢は語るが、なかなか業績がついてこない会社や準備作業が進まない会社は困りますよね。

- Navi - 大きな夢ばかり語る社長って確かに居ますよね。まー ある面、経営者としては必要なのでしょうけど、実現しそうも無い夢を長々話されるのも厳しいものがありますね。
 これは、主幹事からの目線ですか?

- A氏 - そうです。結局いつ行ける(上場できる)の?って話に尽きますから。一方、監査法人ですと、「資料を速く出してくれる」とかのレベルになってしまいますかね。

株式上場.審査基準

【監査法人や証券会社と接する上でこれだけは気を付けようポイント】

- Navi - 有ればですが、監査法人や証券会社と接する上で、これだけは 気を付けましょうというポイントはありますか?

- A氏 - 監査法人で言えば先程も言いましたが、ひとつのことに深く拘る人もいるので、それに深く付き合い過ぎないということです。振り回されますからね。データベースがあって簡単に出せるものならよいのですが、1・2日ではとでもできない資料を出すように迫られたりするなど、無理難題を結構言うこともありますから。しかし、これが無いと監査証明が出ないというものもあまりないですし、もし無いとしてもA法がダメならB法で行くという世界ですから。

 なので、監査法人と早めにザックバランな関係を築いて、ダメなものはダメと言えるようにしておく必要があります。これは証券会社にしても同様で、気軽に相談できるような関係を築くということが大切になりますよね。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/186

検索