事業計画の精度-05-

事業計画.作成

事業計画の立案・実行・運営

IPOの際に作成する事業計画の立案・実行・運営方法について

【予算の正確性】

- Navi - 正確な予算を作成するのはなかなか難しいものですが、予算の誤差はどの程度までは許されるのですか?

- 時田 - 一般的には±10%の範囲以内にしてくれとは、証券会社の方からは言われますよね。ただ、仰るとおり誤差を±10%の範囲にするように予測するのも難しいですし、証券会社の方からは、誤差を抑えることを求められる一方で、よい株価付くように成長性を求められます。なので、証券会社の方の言いなりになってしまうと、急成長の予算になってしまう可能性もありますので、彼等と打合せを重ねながら妥当な予算にして行くことが必要だと思います。

- Navi - それはどちらかというと、私が経験してきたケースとは逆ですね。(笑) もちろん証券会社からは、成長路線を描くように求められましたが、それ以上に社長が強気一辺倒で「来期は売上げ倍増だ!」なんて数値を口にするので、それを抑えるのに苦労しました。

事業計画.作成

【予算未達の影響】

- Navi - では、もし予算を達成できない場合には、上場に際してどのような影響か出てきますか?

- 時田 - 予算を達成しないと、最終段階で証券会社での審査がありますので、その時に毎月々々の売上げ数値の報告をします。だいたい3ヶ月位対応するのですが、数値について上ブレ・下ブレについて「何でこんなにズレたんだ?」と聞いてきますが、その差異が大きい場合などは、「上場できないぞ!」と脅しが掛かってきます。しかし、そのズレの原因を正確に示し、その対策としてこのような施策を打ち出して行きますと、しっかりと説明できれば、彼等に反論の余地は無いですから、影響はないと思います。

- Navi - 予算の達成が出来ずに、上場延期などの影響はないのですか?

- 時田 - もちろん「このままでは東証やジャスダックに出せない」などと言ってきますが、彼ら(証券会社)は既に、いついつ時間を空けてくれとやっていますので、必ず申請するはずです。まー あまりにも乖離した予算、例えば30%ズレてしまっているなどとなれば無理でしょうけど、先程言ったようにズレが±10%程度の場合であれば通るはずです。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/200

検索