上場支援体験談-12-

株式公開引受審査

上場支援体験談等

 上場支援を通じて実際に体験した面白体験・苦難・感動秘話・お客さんからの感動の一言等

【社長Blogが大問題に】

- Navi - 今までも沢山のことをお話して頂いたのですが、上場支援を通じて実際に体験した面白体験・苦難・感動秘話・お客さんからの感動の一言など、具体的な事例は何かありますでしょうか?

- 高橋 - では、面白話をひとつ。
 以前に労務関連で相談を受けていた会社だったのですが、1年程度経った時に、突然上場担当の役員の方から電話が掛って来まして「今、東証の審査に入っているのですが、社長のBlogが問題になっています。」と言われまして、「どうしたのですか、それは?」と聴きましたら、「社長のBlogで『うちの従業員はほんとに働き者です。全従業員がまだ働いています。』と写真付きで夜中の2・3時に更新されている記事が問題になっている」と。

- Navi - (笑) お話の途中で『写真の後ろに写っていた時計が2・3時だった』というオチを思い浮かんだのですけど、Blogの更新時間だとAM/PMの言い訳はできませんね。

- 高橋 - 社長としては『うちの従業員は働き者だ!』と誇りに思っていたらしく、それをBlogに書いてしまったらしいのです。それを、東証の審査担当者がみていたらしく「お宅の、給与水準でこんな深夜まで働いていることは有り得ない。残業代払っていないでしょ」と言われてしまったのですよね。

株式公開引受審査

- Navi - 『2ちゃんねるを見ている』とは何かで聴いたことがありますが、Blogまでチェックされているんですね。確かに、Blogの方が確かな情報ですが。

- 高橋 - 掲示板やBlogは全部チェックされていますね。社長Blogは会社の情報発信には良いかもしれませんが、上場前ですと余計な情報を発信してしまう場合がありますので、そこは気を付けたほうがいいです。先程の例もそうですし、人脈関係を書いたらその方が『反社(反社会的勢力)』の方だったりとかしますから、なるべくBlogはやらない方がいいですね。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/221

検索