株式上場実務Navi株式上場実務HowTo資本政策立案策定資本政策は誰が立案する-05-

資本政策は誰が立案する-05-

資本政策,証券会社,監査法人

資本政策の概要

【資本政策は誰が立案するのか】

- Navi - 資本政策は誰が作成するのか、もしくは誰に依頼するのがよいのでしょうか?

- 石割 - 会社の帳簿を見ることができ、誰に給与をいくらあげればいいのか(社内の利害調整)を考えられる立場にいる人だと思います。成熟している会社でしたら複数の該当者が居るかもしれませんが、上場準備会社となると基本的に社長ということになると思います。社長にそういうスキルが無ければ社外ブレーンですかね。

- Navi - 社長自身が、資本政策を立案するのは難しくはないですか?

- 石割 - たまに作る人いますよ。見た目は綺麗でなくても、コンセプトとして出来ていれば良いと思うのです。

- Navi - あ~ ある程度の方向性を示してもらえば良いということですか?

- 石割 - ええ、ビジュアル的にエクセルなどで作成し美しくなっていなくても、要は「株の保有割合・資金が必要な時期・相続や承継の課題・誰に株をあげたい」という辺りを出してもらえば良いと思うのです。

資本政策.証券会社.監査法人

- Navi - なるほど、分かりました。
  ところで、正直、この質問は「VCや証券会社に資本政策を任せっきりにしてしまうと会社に不利な条件で立案されてしまう可能性があるので、当社のような中立的な立場の意見も聞くほうが良いですよ」というような回答が来るのかなと予想していたのですが。(笑)

- 石割 - あっ そういう面もあると思います。証券会社が作れば株の売り易い値段になるでしょうし、そういった意味では発行側と営業側との間でコンフリフト(衝突・摩擦)というのは当然に起きると思いますが、、、 ん~ ただそれが本質的なコンフリフトなのかと言えば、最近はそうは言えないのではないかという気がしています。

- Navi - と言いますと?

- 石割 - 持ってくれる人あっての発行体なので。アーリーリタイアメント(早期引退)するというのならば、最高で調達して公募をMAXにするというのが理想として正当化されると思うのですが、中長期的に成長することを考えているのならばどうなのでしょう。「安いとダメですか?」というか、このタイミングて売らなければいい訳ですし、公募したときは資金が減っちゃうのかもしれませんが、(公募価格を)MAXにしてしまって(株価が)下がった場合には、塩漬けになってしまって「株主にどう思われますかね」というのもありますので。

- Navi - そうですね。でも、これもまた社長に理解させるのは至難の業ですね。(笑)

- 石割 - とは言いながらも、証券会社が言っていることが妥当かどうか、自分が納得できるかどうかを判断するためには、セカンドオピニオンがあったほうが良いと思います。自分達である程度の答えを持っていて証券会社と打合せをするのと、為すがままというのは違いますからね。
 あと、監査法人は基本的には資本政策には関係ありません。監査する人であって資本政策を作る人ではありませんので。VCは安く買って高く売って鞘を取るのが目的ですから、会社とは利害が相反しますから相手に丸ごと委ねてしまうのはどうなのですかね、、、という気がしますね。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/232

検索