株式上場実務Navi株式上場実務HowTo上場実務と人材外部機関の選択ポイント-11-

外部機関の選択ポイント-11-

証券会社,主幹事証券

これから上場を目指す企業へ

【外部支援機関の選択ポイント】

- Navi - 主幹事・監査法人・印刷会社・コンサルタント・信託銀行の選択方法で、お考えがあるものだけで結構ですが、何かポイントはありますか?

- J氏 - どこの会社でも選べる会社でしたらいいのですが、例えば主幹事で言えば、そもそも選択できるほどの魅力が会社になければ、N証券がいい・D証券がいいと言っても相手がその気にならないですから。会社の魅力次第で、大手が付く場合もあるし、中小しか付かない会社もありますので。

- Navi - 片思いではダメですね。(笑)

- J氏 - 確かに今は、案件が少ないので証券会社は主幹事を取りたがっていると思うのですが、それでも進まなければいけない時期に進めることが出来ないような体制しか整っていなければ、やっぱり無理なのです。

- Navi - なるほど。

- J氏 - ただひとつ言えば、最近は提出書類や法令法規の変更等が頻繁にあり、こちらも追いつかない面もありますので、その点は大手の証券会社は厳しく見てくれるので漏れがなく安心できるという面があります。

【外部支援機関と接する際のポイント】

- Navi - これもお考えがあるもので結構ですが、主幹事・監査法人・印刷会社・コンサルタント・信託銀行の接し方で、何かポイントはありますか?

- J氏 - 特に主幹事証券や監査法人に対しては、嘘を言わないということです。「嘘をつくと後で取り返しがつかないですよ。」と向こうにも言われますから。「今の段階で正直に言って下さい。」と、「審査部に回る前は会社の味方ですから、ただ審査部に回ると取引所と同じように厳しいですから、問題がその時に出てきても遅いですよ。だから、正直に何でも包み隠さず言ってください。アドバイスしますから。」と言ってくれます。

【経営者は上場を目指すならこれは心得よ】

- Navi - 経営者から上場準備が始まった後にこんなはずではなかった、とよく聴く点や上場を目指す多くの経営者が欠けている点など、これから上場を目指す経営者は、『これは心得よ』というポイントはありますか?

- J氏 - 『これだけは』といのはなかなか無いですけどね。先程も言いましたが、上場するのは会社全員で進めて行くものですから、上場準備責任者を一人入れば出来る様なものではありません。上場準備を進めるうえで人を増やさなければならない時もあるのだと、理解されていないといつまでも上場は実現しないで、人が替わるだけだということですかね。

- Navi - そうですね。

- J氏 - 以前の会社で、1年の間に3人もCFOや管理部長のような上場準備責任者が替わっているところがありましたから。それでは、いつまで経っても上場できません。

証券会社,主幹事証券
| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/258

検索