上場できる社風-13-

未払残業代,Blog

上場できる会社とは

【上場できる会社の社風】

- Navi - では、上場が実現できた会社と出来なかった会社との社風の違いなどはありますか?

- J氏 - これは、コミュニケーション能力の高い会社です。要するに全体会議をやったりだとかイベントをやったり。イベントと言っても遊びのイベントではなくて、皆が集まる機会が多くて、そこで会社の方針などを話しながら、みんなで『あーだね、こーだね』と話し合える会社です。社内の一部分だけが、株式上場準備をコッソリやっているような会社ではダメです。会社全体で同じ目標を持った、一体感があるような会社が理想ですかね。そうでなければ、そういう方向にもって行くようにしなければならないのですが。

- Navi - 他にはありますか?

- J氏 - 先程も言いましたが、上場準備責任者がコロコロ変わっている会社です。何で辞めているかですよね。徹夜続きで休みも取れない状態でみんな辞めて行ってしまうなど、従業員を大切にしていないケースがありますから。
 あと、上場準備責任者として上場させるために申請書類などを作ったりしますが、いざ上場直前期に入ったら、月次決算は出来ていなかったり、予実分析や役員会の資料も出来ていなかったら直前期と言われても無理ですよね。

- Navi - 私も上場申請が迫ってくると、休日出勤や徹夜続きで会社に泊まったりしていましたね。マイ・ダンボールとニュースペーパーを枕に。(笑) 短期間ならともかく長引くと嫌になって来ますが。

- J氏 - その辺りも最近かなり変わって来まして、労基違反するような会社は、上場会社にはなれません。なってしまえばいいのかというと、いわゆる不祥事になってますよね。なんとかドナルドのように。人がダンボール敷いて会社に泊まるなんて非衛生的ですし、夜遅くなったならば管理監督者であろうと一般社員と同様に午後10時以降は深夜手当を出さなければなりません!。

- Navi - 深夜手当など貰った記憶が、、、、あまりないのですが。って、こんなこと書いても大丈夫かな。(笑)

- J氏 - 本当にその辺は変わってきました。2006年辺りからは、残業代はしっかり払わないと上場できなくなりました。残業代を出していない会社でしたら就業規則に則って、過去2年分清算して直前期を締めて下さいと言われます。また、弁護士等から『この会社は法令に準拠した計算に基づいて残業代を払っているから問題はありません。』という意見書をもらわないとダメなのですよ。これは取引所にも要請があれば提出しないといけませんから。

- Navi - 以前のインタビューでも未払い残業代に関しては厳しくなっていると、伺いましたが、やはりそうなのですね。

- J氏 - ええ、残業代は厳しくなりました。で、そこで社長は怒るわけですよ「残業代なんて今まで払っていないのに何で払わなければいけないのか」と。

- Navi - 目に浮かびますね。その状況。(笑) これも以前伺ったお話ですが、社長Blogが原因で未払残業が問題となったケースがありました。

労務コンプライアンス:社長Blogが大問題に

- J氏 - Blogに関しては、私も同じようなことがありました。これは上場申請する前の話ですけど、社長がBlogを開設していましたので、証券会社と相談して社長がBlogを書いたら翌日チェックして、まずいこと書いたら削除させるようにしました。社長が、取引所の審査が始まったからいいネタなのでBlogに書きたいと言い出したので事前に止めてもらったりもしました。そうこうしているうちに、社長がBlog自体書かなくなってしまいましたけど。こちらは、辞めてもらって良かったですが。

- Navi - 社長Blogやられると面倒ですね。

- J氏 - ええ。Blogは、やらないほうが良いですよ。私が出張して社長Blogを見れなかった時に社長が上場ネタを更新したことがあって、主幹事証券から「書いていますよ!」って連絡が入ったことがありました。会社に電話してすぐに削除してもらいましたが・・・

- J氏+Navi - (笑)

- Navi - そこまでチェックしなければならないのであれば、本当に辞めてもらいたいですね。余計な仕事が増えるだけですから。(笑) ただ、情報管理能力は高めないといけませんよね。それを定着させることも仕事のうち!ってことですね。

未払残業代,Blog

【最後に】

- Navi - では時間も参りましたので、本日のインタビューは終了したいと思います。長時間有難う御座いました。是非、またお話をお聞かせ下さい。今度は、具体的な実務作業についてお聞きしたいと思っています。

- J氏 - はい、分かりました。有難う御座いました。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/260

検索