会社PR-20-

IPOコンサルタント

会社PR

【上場支援実績】

- 荻野 - 上場支援実績企業数は?

- 藤田 - 3社です。

【得意分野】

- 荻野 - 得意分野は?

- 藤田 - 事業計画・組織作りから入って行きます。ですからアーリーから入って行くことが得意です。業種で言えば、製造業よりサービス的産業です。上場審査上、労務に関してややこしい会社、いわゆる労働集約型の企業が好きですね。

【ネットワーク】

- 荻野 - 先程お話がありましたが、ネットワークが幅広いということでしたが。

- 藤田 - そうですね。正社員こそ4名ですが、金さんもそうですがパートナーが22名在籍しております。診断士が一番多くてその次に会計士が多いのです。企業の状況に応じてチームを編成し組織化して、コンサルタントチームとして送り込むと。 あとは、金融機関・証券会社・監査法人・証券印刷会社ともネットワークがあります。監査法人とは一緒に勉強会をしたり、個人的なお付き合いも。(笑) IPOの際に必要とされるネットワークはかなりあると思います。

【出版・講義】

- 荻野 - 基本的なことはホームページに書かれているとは思うのですが、出版物や講義等、予定等も含めて他にありましたら。

参考:[プロフィール] -別窓-

- 藤田 - 僕は現場支援の時間を重視しているので、現在はあまり本を書かないのですが、冒頭の『担当者別 株式上場マニュアル』の他には、大分前に書いた本ですがこれですね。(アマゾン:リンク)1998年に書いた本です。講義は関東学院大学経済学部の非常勤講師などもしていますが、この辺りはホームページにも書いてありますので見て頂ければ。

【顧問先に指導するうえで、心掛けている点】

- 荻野 - 顧問先に指導するうえで、心掛けている点は何かありますか?

- 藤田 - 先程と重なるかもしれませんが、『ES(従業員満足度)なくしてCS(顧客満足)なし』。お客さんが満足するサービスを提供するには、先ず従業員が満足もしくは自信を持っていなければ難しいですから、このステップを最重要視しています。

- 荻野 - それはすべての業種に当てはまるとは思いますが、特に顧客と直接接してサービス提供する業種などでは、従業員満足から顧客満足が生まれるところがあるでしょうから大切かもしれませんね。

- 藤田 - 僕の考えでは『株主第一主義』には大いに疑問があり、先ず従業員を大切にしない会社は、結果お客さんを大切にしない会社で、イコール株主を大切に出来ない会社だと思っています。大切なのは従業員→お客様→株主の順になります。ここを顧問先指導にも心掛けています。この考えは顧問先には強制はしていませんが、弊社の考え方として営業段階でお話しています。

- 荻野 - 金さんは如何でしょうか?

- 金 - 外部のアドバイザーとして、先方様に求められているものが有ると思うのですが、それ以上のことが提供出来るように意識を心掛けています。

- 荻野 - 金さんにお願いしたら、『ここまでしてくれた。』『こんなところまでしてくれた』と言われるようなコンサルを心掛けているということですかね?

- 金 - そうですね。それを常に心掛けています。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/281

検索