株式上場実務Navi株式上場実務HowTo株式上場と月次決算経理責任者に必要なもの-04-

経理責任者に必要なもの-04-

経理事務,実務

経理の人材について

経理財務の人材に求められるスキルや資質、またその様な人材の採用ポイントなど

【経理担当者に必要なもの】

- 荻野- では、経理責任者に必要な資質とはどのようなものでしょうか?

- 石割- CFOと経理部長で必要なものは異なってきますが、僕が思うに経理部長クラスで必要としたいのは、先ほども揚げましたがプロジェクトマネジメント能力とコミュニケーション能力です。知識では、簿記1級は受からないにしてもそのレベルの勉強はしていて欲しいですね。これは、上場準備会社ということですが。ただ、大事なのは『プロマネ>知識』です。

- 荻野- 知識は後からでも何とかなりますからね。やる気があれば。

- 石割- そこを間違えると問題ですし、また年齢とかも関係ありませんので。プロマネ能力がある若手の上に、職人気質で仕事が振れないような部長を入れてしまうのは、一番良くないパターンです。

- 荻野- と言うのは?

- 石割- 例えば、株主総会の招集通知を役員が経理部長に『招集通知はいつ出来る?』と尋ねた場合『総会の期日が○○日で、そこから逆算してみると、この様な計画表になっていますから、現在はココとココが終わっていますが、これは終わっていません。』という回答ではなく、ただ『終わると思いますよ。』という回答をする人はダメで、大抵そういう回答をする方は、仕事を振ることをしていません。

- 荻野- そうかもしれませんね。

- 石割- 『この部分の文章は専務にお願いして、○○日までには上がって来ると思います。こちらは、経理の□□君にお願いしています。』と言う回答ではなく、ただ『終わると思います』とか『頑張ります』という回答をする場合は危険ですね。別の言い方とすれば、全体像から、終わっているところと、終わっていないところがしっかり識別できていない人です。

accounting_a.jpg

- 荻野- ただ一回経験して、全体像が分かっていないと、なかなか難しい面もあるかもしれませんが。

- 石割- 確かに経験がないと難しいですが、経験はあったとしても指示出せない・進捗管理が出来ないという方がいますからね。

- 荻野- なるほど。

- 石割- それと『Aが変わればBの数値にどう反映されるか』が繋がるような感のよい人ですがね。

- 荻野- それは?

- 石割- 例えば、上場会社が税制適格でストックオプションを発行するとします。でも、それをやると今の会計基準ではストックオプションの費用計上が必要になります。そうすると、『それって中期経営計画に入っていましたっけ?』となって来ます。

- 荻野- あー ありますね。社長の気まぐれなどで。(笑) 突然の計画変更や新規事業の追加。

- 石割- ええ。そう行った時に『ピィーン』と来て適格にアドバイスが出来なければなりません。何か出来事が起きた時、出来事をしようとした時に、それがどう数字に反映されるかを『ピピッピ!』と瞬時に判断できるようでないと経理は難しいですね。

- 荻野- そうですね。

- 石割- まー 基本は経験・資質・プロジェクトマネジメント能力・コミュニケーション能力がある方ですね。でも、一番は『人柄』だと思いますよ。(笑)

- 荻野- ですね(笑)

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/287

検索