CFOに必要なもの-05-

CFOの役割

経理の人材について

【CFOに必要なもの】

- 荻野- ではCFOはどうでしょう?

- 石割- コーポレートファイナンスとか、会社を取り巻く各種利害関係者との利害調整能力ですかね。

- 荻野- 対外的なことが多く求められるようになってくると言う事ですかね。

- 石割- そうですね。あと『企業価値を上げて行く』と言うことも入ります。企業価値を上げて行くということは、投資家や株主さんとの関わりが中心になってくると思うのですが、それ以外の部分でも会社が利害関係者の間で様々な利害を有するもので、財務担当として『何をすべきか』ということを考えることだと思うのです。

cfo_a.jpg

- 荻野- 例えば、どのようなことでしょう?

- 石割- 例えば、投資家さんとの兼ね合いでは株価を上げないといけない・企業価値を上げないといけない、と言うような事もあるでしょうし、環境などと言った場合には、我々財務としてはどういったことが出来るのだろうか、と言うことを考える必要が出てくるかもしれません。また、従業員との関係では適正な業績評価や人事評価システムを導入する場合に、人事に元資料を提供するに当たり経理としてどのように作るべきなのかということもあると思います。

- 荻野- なるほど。

- 石割- 意思決定材料として、数値をどう使うかという局面が多々ありますから、考える範囲が広がってくるのではないでしょうか。
 経理部の場合は、あてがわれた部分で考えれば良いのでしょうけど、CFOになりますと、IRや監査法人などとのやり取りも必要になりますから、関係性が増えて来ると思います。

- 荻野- そうですね。

- 石割- それともう一つ挙げれば、CFOは社長が長期入院した場合に社長代行が出来る人だと思います。管理系の人間でありながら。副社長級ということですかね。そう考えますと、社内外において目配り・気配りする範囲がかなり広くなりますから、それだけの資質が求められて来ます。

- 荻野- CFOは、それだけ重要ポストなのですね。

- 石割- ええ。先程も言いましたが、CFOにしても経験をしていることが理想ではありますが、経験は時間で解決することができます。しかし、プロマネの部分は時間ではなかなか解決できません。資質に負うところが多い部分だと思いますので。そういう資質がある上でなおかつ、知識や経験が有るにこした事はありませんが。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/288

検索