株式上場実務Navi株式上場実務HowTo証券会社の役割証券会社の基本的概要-01-

証券会社の基本的概要-01-

証券会社,株式上場

証券会社の基本的概要

【証券会社の組織とは】

- 荻野 - 第8回のインタビューは、第1回にお答え頂いた公認会計士のAさん(元監査法人・元証券会社)です。前回から丁度一年ぶりのインタビューになりますが、よろしくお願い致します。ところで、マスクをされていますがどうされました?

- A氏 - よろしくお願いします。いやー風邪をひいてしまいまして。

- 荻野 - もしかして、流行の最先端を行く『新型ウィルス』ですか?

- A氏 - いや、それでは無いです。(笑)

- 荻野 - よかった。なぜか体が自然に反応して、距離をおいてしまいました。ではいつものポジションで。(笑) 
  そんな『新型ウィルス』の流行と正反対に、前回の一年前にも増して『お寒い』状況なのがIPO業でして、、、。

- A氏 - ええ。「IPOって産業として成り立って行くんですか?」って感じになってしまいましたからね。って、初っ端からこんな話もなんですが。

- 荻野 - でもその通りですね。そんなIPOに見切りを付けて別の道を進んでいれるAさんには、『先見の明』があったということですかね。(笑) 
 では早速本題に移りたいと思いますが、これからAさんに伺うお話は、前提として5~6年前の状況ということでよろしいですかね。

- A氏 - そうですね。古い話ですいません。

- 荻野 - いえいえ。逆に現役の方でしたら伺い難いですので。裏話とかなかなか聴けませんから。数年空いた『元』の方が一番伺い易いのではないかと思います。(笑) では今日は、『証券会社』について、いろいろ伺わせて頂きます。先ず証券会社の概要ということで、私もですが知らない方も多いと思いますので、証券会社の組織はどのようになっているのでしょうか?

- A氏 - 分かりました。一寸、図を描いてみましょう。

outline_a.jpg

- A氏 - 『公開引受』というのが、トータルコーディネーターなのです。他の方に怒られてしまうかもしれませんが、IPOコンサルならココの経験者が一番IPOをトータル的に理解しているのではないかと思います。ただ、経理周りや内部統制整備と言った、内部的な整備を優先的に求めるなど、何を求めるかにもよっては違っては来ますが。

- 荻野 - 上場準備の始まりから、審査・上場日のセレモニーまで隣で一貫して指導してくれる唯一の人と言うことですかね。

- A氏 - ええ。要は、いろいろな当事者がポイント・ポイントで出てくるのですが、その全部の人と絡んでIPO全体をコーディネートしているところです。

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/302

検索