得意分野・体制-25-

アカウンタックス,MIETA

アカウンタックスPR

【上場支援実績】

- 荻野 - アカウンタックスさんの強み・特徴・事業内容等を伺わせて頂きます。先ず、上場支援企業数は如何でしょう?

- 山口 - 上場準備企業数としては、10社程度やっています。そのうち2社は、来年(2010年)上場する予定にはなっています。他にも良い会社はあるのですが、上場しないでもやっているける状態の会社もありますので。

【得意分野】

- 荻野 - あえて、上場はしないと。では、得意分野はどの辺りでしょうか?

- 山口 - 得意分野はやはり、経理アウトソーシングです。アウトソーシングですが、考えるところも実務の面も両方行いますので、コンサルティング+実行と考えて頂ければと思います。最初にお話しましたが、業務フローを変更するというところからⅠの部やⅡの部作成というところが得意分野です。

【体制】

- 荻野 - 体制は如何でしょう?

- 山口 - 体制は会計士2人、税理士5人これは名古屋の事務所の方にも居ますので。

- 荻野 - 名古屋にもあるのですか?

- 山口 - はい。従業員数は名古屋と合わせて10名ですね。で、資格をもっていない人は上場会社や上場準備会社の経理部出身になります。会計事務所出身の人は一人もいません。

- 荻野 - 関連事業になるのでしょうか、HPのTOPに以下のリンクが貼られていますがどのようなサイトなのでしょうか?

アカウンタックス,MIETA 起業NAVI:http://www.ksbd.net/
アカウンタックス,MIETA MIETA:http://www.mieta.biz/
アカウンタックス,MIETA
 cash-flow.jp:http://www.cash-flow.jp/

 

- 山口 - 「起業NAVI」は、企業に纏わる情報提供サイトです。「MIETA」は、先程お話したツールです。「cash-flow.jp」は、月次サービスの説明サイトです。これは、先程の経理の話に似ているのですが、例えば25日に給料支払があり、月末に大きな支払いがありますと。普通の会計事務所は、この支払が終わった後で決算書チェックをするために訪問してきます。僕らはこの支払作業が終わる前に訪問し、月末のキャッシュのポジションを予測してアドバイスをします。つまり、「一番辛いところが終わった後に説明に来る会計事務所と、辛いことが始まる前にアドバイスを行う会計事務所ではどっちがいいですか?」という問いかけをしているサイトです。

- 荻野 - 「資金繰り」ということですかね。

- 山口 - そうです。通常、会社の経理部が行うような月末の資金状況がどうなるかも我々はみています。普通の会計事務所は帳簿が税務的にちゃんと出来ているかを見ますが、我々は資金状況までチェックするということですね。

【社是・社訓・夢・将来像・方向性】

- 荻野 - 御社のどのような「社是・企業理念」があるのでしょうか?

- 山口 - 「企業理念」は、「財務・会計・税務を通じて、公平、公正かつ透明な社会を実現すること」になります。「社是」としては「実行する頭脳」ということを言っています。ずっとお話させて頂いた通り、コンサルタントの様に口を出すだけにならないように、頭だけでなく実行力を磨く必要があると。実行すれば必ずそこにノウハウが生まれますし、実行して自分で手に入れたものだけが価値のあるものになります。それ以外の「本やウェブサイトに書いてあることを、自分のノウハウのような顔をして話をするのはレベルが低いよね」ということは社内で言っています。

- 荻野 - なるほど。

- 山口 - 上場支援で言えば、それに関する本はたくさんあり、そこには必要な制度や書類がどんなものかが書かれていますので、それを読めば誰でも分かる話なのです。それを知っているからと「この人よく知っているな」などと言っていたら駄目だよと。そうではなくて、「この書類を作るにはこういう問題があって、しかも自分自身でその問題にぶち当たって克服した経験こそが価値があって、その価値を常に仕入れていなければ売上げはたたないよ」と言っています。「仕入なくして売上なし」です(笑)。

 

| トラックバック(0)
          

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ipo-navi.jp/mt/mt-tb.cgi/342

検索